WIKIレンタル 大衆演劇探訪記

紀伊勝浦にて嵐山瞳太郎劇団旗揚げ公演観劇と熊野三山めぐり 「南紀勝浦 天満座」

紀伊勝浦にて嵐山瞳太郎劇団旗揚げ公演観劇と熊野三山めぐり 「南紀勝浦 天満座」

紀伊半島の勝浦に大衆演劇場ができたことを知り、これは是非探訪したいと、ずっとその機会をうかがっていました。
たつみ演劇BOXから独立した嵐山瞳太郎(らんざんとうたろう)さんの旗揚げ公演が2017年3月に南紀勝浦天満座で行われることがわかり、迷わずこの月に勝浦を目指すことに決めました。

南紀勝浦天満座の最寄駅紀伊勝浦駅には名古屋駅からはJR特急ワイドビュー南紀を使って約1時間45分です。大阪からだと4時間くらいかかるらしい。

katsuura03.jpg
紀伊勝浦駅前。


katsuura05.jpg
駅前商店街に貼ってあった公演ポスター。

katsuura07.jpg
港の近くにもポスターを見つけました。

katsuura10.jpg
天満座へは、駅を降りてから線路沿いを北上します。初めての方は地図が必要です。
道の途中に天満座の案内看板がありました。

katsuura13.jpg
紀伊勝浦天満座
建物前は広い駐車場があります。

katsuura15.jpg
入口

katsuura17.jpg
「祝 旗揚げ公演 嵐山瞳太郎さんへ」

katsuura20.jpg
入口はいってすぐに客席があります。
開演中はこのカーテンを閉めて暗くします。

katsuura23.jpg
場内後方より

katsuura25.jpg
客席に傾斜をつけるための黄色い木製の土台。

katsuura27.jpg
座椅子を並べた客席

katsuura30.jpg
前方

katsuura33.jpg
花道

katsuura34.jpg
嵐山瞳太郎劇団の幕


嵐山瞳太郎劇団の旗揚げ公演時のメンバーは
瞳太郎座長、座長の母である葉山京香さんの他、葉山萌香、葉山花凛、葉山輝京、葉山ゆり という若い女子座員4名のあわせて6名。若手メンバーはまだ舞台経験が浅いと思われます。
このメンバーだけで公演するのはきびしいでしょう。
旗揚げ公演の今月、ゲストとして、下町かぶき組の嵐山錦之助さんと竜劇隊座長の木内竜喜さんが出演していました。
嵐山錦之助さんの名は「あらしやま」と読むのですね。同じ漢字で違う読みの名の方が助っ人とはおもしろいですね。
芝居も舞踊もゲスト2名が大活躍でした。京香さんががっつり芝居で登場していたのもうれしい。

この日の芝居は「瞼の母 前編」
前編と後編を2日に分けて公演しようという趣向です。
通常大衆演劇の「瞼の母」では原作戯曲の第一場(金町瓦焼の家)はカットされます。この日の芝居「前編」はその部分を1本の芝居に仕立てていました。
忠太郎役の瞳太郎座長の貫禄ある演技がとてもいい。座員がセリフを間違えて筋に矛盾が生じることを言ってしまい(その矛盾に気が付いたお客さんは私を含め誰もいなかったと思います)、後ほど登場した忠太郎役の瞳太郎さんがそれをちゃんと指摘して直していました。瞳太郎さんの芝居に対するこだわりが垣間見えました。

katsuura35.jpg
嵐山瞳太郎座長

katsuura37.jpg
葉山京香さん

katsuura40.jpg
ゆり、輝京

katsuura43.jpg
花凛、萌香

katsuura45.jpg
ラストショー
たつみ演劇BOXでは絶対見ることのなかった、瞳太郎&女優4名の舞踊。

今後も嵐山瞳太郎劇団の成長に注目してゆきたいと思います。

ところで、南紀といえば熊野。
今回の旅では天満座の他に熊野の名所を訪ねました。

katsuura47.jpg
宿泊したのは、天満座から歩いて数分の「温泉民宿小阪屋」
家族経営のアットホームな宿です。
お風呂は21時までとのことで夜の部が終わってすぐ宿に行ったのですが、この日は宿泊客が多かったのでお風呂は遅い時間まで使用可となっていました。浴衣やタオルの用意がない民宿ですので、ここに泊まる場合は要持参です。
天満座のお客さんもたまに泊まると宿の方がおっしゃっていました。

熊野には3つの霊場があります。それらを総称して熊野三山といいます。
・熊野那智大社(紀伊勝浦駅からバス)
・熊野速玉大社(新宮駅から歩き)
・熊野本宮大社(新宮駅等からバス)
熊野三山は熊野古道により結ばれています。

まずは、南紀勝浦天満座がある紀伊勝浦駅から那智大社を目指します。

kumano03.jpg
駅前のバスセンターでバスチケットを購入。
なお、紀伊勝浦駅にはコインロッカーがあります。駅前のいくつかの土産物屋さんには「荷物預ります」の掲示がありました。

kumano05.jpg
大門坂バス停で降りて、熊野古道大門坂の階段を登る。

kumano07.jpg
那智大社の入口の鳥居

kumano10.jpg
那智大社

kumano13.jpg
那智大社の隣にある、西国三十三ヶ所第一番札所の青岸渡寺。

kumano15.jpg
青岸渡寺近くから見えた那智の滝

kumano17.jpg
那智の滝
この写真よりももっと近くに寄れます。
落差日本一、日本三大名滝のひとつという肩書き通りかなりの迫力。

那智の次は新宮へ。

kumano20.jpg
熊野三山ではありませんが神倉神社にも行きました。
とてもけわしい階段を登ってここまで到達します。
15年くらい前にここを訪ねた際は大変だった記憶がなかったのですが、トシには勝てず登るのがしんどかった。
そして、登りよりも急な石段を降りる帰りの方が怖い。

kumano23.jpg
熊野速玉大社

熊野三山で一番アクセスしにくいのが本宮大社。
新宮駅から行く場合、バスで約80分かかります。

kumano25.jpg
熊野本宮大社への階段

kumano27.jpg
熊野本宮大社

kumano33.jpg
本宮大社からこの日の宿泊地紀伊田辺まではバスで移動します。
途中でバスを降りて熊野古道を1時間くらい歩きました。

荷物を背負いながらの移動でかなり疲れましたが充実した旅でした。

(2017年3月)
スポンサーサイト

博多の大衆演劇と十日恵比須

大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記その⑦
博多の大衆演劇と十日恵比須


hakata_map.jpg
旅の最終日は博多で過ごします。

今日は博多新劇座でたつみ演劇BOXの公演を観ます。
お目当ては、今月末でもって産休に入る辰巳小龍さん。
小龍さんは来月からしばらく舞台にはお出にならないと思うので、是非当月中に観ておきたかったのです。

hakata1703.jpg
新劇座の前の看板。

hakata1705.jpg
新劇座場内。
規模もほどよく、舞台が見やすいように客席が設計されています。

hakata1707.jpg
桟敷席

hakata1710.jpg
この掲示もすごくいいなあ。

hakata1712.jpg
前方

hakata1713.jpg
後方
ちゃんと投光ルームがある劇場は少ない。

いろんな面を総合して博多新劇座はとてもよい劇場だと思います。

本日のお芝居は「伊豆の恋三味線」

なんと劇中で小龍さんとダイヤ座長が三味線を弾きます。そして小龍さんが唄う場面もある。
この芝居にあたるとは、なんてラッキーなんだ。
小龍さんは不幸な芸者役。小龍さんの唄がとてもよかった。うまいのはもちろんだが、何ともいえない哀切感を帯びていてじーんときます。

舞踊ショーでも小龍さんはいつもどおりのパフォーマンス。

hakata1722.jpg
ダイヤ座長と小龍さんの相舞踊

hakata1727.jpg

hakata1730.jpg

hakata1731.jpg
1つの踊りの中にストーリーが見える小龍さんの舞踊。
たつみ演劇BOXの舞踊ショーでは小龍さんがソロで何を出してくるのかがいつも楽しみ。そして必ず期待以上のものを見せてくれる小龍さんはすごい。

とても満足して小龍さんの一時的な見納めができました。

この公演を観たのは1月。
実はこのブログはそれから数ヶ月後に書いているのですが、その途中で、小龍さんのブログ(5/18)にて男の子出産の報告がありました!!おめでとうございます!!
男の子かあ~。気が早いが十数年後が楽しみだな~。親の血を受け継いで凄い役者になるんだろうな。

hakata1733.jpg
ラストショー

さて、この日は1月10日。
西日本で1月10日といえば「十日えびす」、大阪では「えべっさん」ですね。
私は生まれ育ちが関東なので十日えびすにはまったくかかわったことがありません。

博多新劇座の近くには、その名も「十日恵比須神社」があり、この日はまさに正大祭の日でした。
たつみ座長は昼の部の公演の前に十日恵比須神社に行ってきたとのことです。

私も昼の部の後に十日恵比寿神社に歩いて行きました。

hakata1735.jpg
すごい人出。

猿回しもでていてそれに目が行ってしまう。

十日恵比須は商売繁盛の神様(恵比須様)を祭る神事。
私は商売人ではありませんが、米俵の置物をお土産に買いました。

その後はホテルで荷物を受け取って博多駅へ。
お土産を買って、博多ラーメンを食して、新幹線のホームへ。

帰りの新幹線の中で、お酒を飲みながら、撮りためた写真を1枚1枚確認しました。これも旅の終わりの楽しいひととき。

1週間の旅が終わりました。
楽しい大衆演劇場めぐりの旅でした。

これからも多くの土地で大衆演劇に出会いたいなと思います。

(おわり)

■大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記 もくじ
1日目:映画シアターも大衆演劇場もあるサービス多彩な健康ランド 「くだまつ健康パーク」
2日目:山に囲まれた歴史ある温泉地の巨大娯楽施設付ホテル 「湯本観光ホテル西京 夢遊湯亭」
3日目:大衆演劇の灯を絶やさないために・・・ 小倉にオープンした待望の劇場 「宝劇場」
4日目:福岡と大分の境にある広大な複合施設の中の劇場 「湯の迫温泉 ぶらり劇場」
5日目:神仏習合の里 国東半島旅行記
6日目:かつて炭鉱で栄えた地に復活した旅芝居の文化 「見聞劇場」
7日目:博多の大衆演劇と十日恵比須

かつて炭鉱で栄えた地に復活した旅芝居の文化 「見聞劇場」

大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記その⑥
かつて炭鉱で栄えた地に復活した旅芝居の文化 「見聞劇場」


旅の6日目の朝、杵築市の宿を出て宇佐神宮へ。

kenmon_map.jpg

宇佐神宮は全国八幡社の総本宮です。
八幡大神は応神天皇の御神霊です。憤死した天皇の怨霊をおそれて祀った神社はいくつかありますが、生涯をまっとうした天皇を祀っている神社は宇佐神宮と明治神宮ぐらいしか見当たらないそうです。
八幡さまに仏教が習合した結果、宇佐八幡宮の祭神は八幡大菩薩となり(明治の廃仏毀釈でその名号が禁止されました)、武士に厚く信仰されました。特に、源義家が自らを「八幡太郎義家」と名乗るなど源氏の氏神として有名です。

八幡大菩薩は、大衆演劇ファンにとっては、三波春夫「決闘!高田の馬場」の中の安兵衛のセリフ「南無や八幡大菩薩、この安兵衛が行き着くまでは叔父の身の上守らせ給え、ばあさん!水だ!水をくれ!」でおなじみですね。
高田馬場の史跡の近くに穴八幡宮という神社があり、ここに高田馬場で行われていたという流鏑馬の像があります。安兵衛が「南無や八幡大菩薩」と言うのはここに由来があるのでしょうか。

usa03.jpg
宇佐神宮の敷地は広大。
駐車場から表参道に出るとみえる大鳥居がその入口です。

usa05.jpg
宇佐神宮上宮
「二礼四拍手一礼」が宇佐神宮の作法。

宇佐神宮の次は福岡県田川郡にある大衆演劇場「見聞劇場」を目指します。
調べたところによると、72km・95分のドライブとなります。
今回の7日間の旅の一番のトラブルはこの道中でした。
なかなか見聞劇場にたどり着かない!

見聞劇場の最寄駅である豊前川崎駅まではスムーズに着きました。
ところが、事前にプリントアウトしてきたグーグルマップに表示されている「見聞劇場」がある場所に行っても劇場がな見あたらないのです(※現在はちゃんと表示されています)。なぜグーグルマップで、劇場が違う場所に表記されていたのかは謎です。
昼の部開演の時間が迫っていました。あせってカーナビに見聞劇場の住所を入力し、カーナビの指示に従って進みました。住宅地をずんずん進み変だなと思っているところ、カーナビが「目的地に到着しました」と発した場所に劇場らしきものはありません。住所を入力し間違えたかと思い、再度カーナビに案内を頼むと、また別の場所に誘導されました。そこに行っても何もない。どうもこのカーナビは、人にものを聞かれて、それがわからなかったとしても「わかりません」とは言わず、「ここなんじゃね」と思いついた場所を適当に答えてしまうラテン系の性格らしいことがわかりました。演劇グラフに載っている見聞劇場の住所はスマホの地図アプリではヒットしません。おそらくこのカーナビにも登録されていなかったのでしょう。それならば案内せずに「該当の住所は登録されていません」と答えればいいものを、似た感じの別の住所に案内するなん迷惑なカーナビ君だ。カーナビに愚痴を言っていても仕方ないのでスマホで調べたところ、見聞劇場のfacebookがヒットし、そこに略地図が載っているのを見つけ、難を脱しました。

kenmon03.jpg
豊前川崎駅と平行して走っている国道を、川崎駅からみて下り(南東)方面に進むと左側に幟が見えてきます。ここが見聞劇場です。

kenmon05.jpg
上の写真とは逆方向から見た見聞劇場。

田川郡に隣接している田川市には2012年頃炭都劇場という大衆演劇場があったようですが2年たらずで閉鎖してしまいました。炭都劇場の名のとおり、田川はかつて炭鉱で栄えた町です。福岡県の中央部から北部にかけて広がっていた筑豊炭田は戦前から戦後しばらくにかけて日本一の石炭資産量を誇っており、炭鉱労働者とその家族が多く住んでいました。芝居小屋もたくさんあったようです。飯塚市の嘉穂劇場もそのような背景からできた劇場です。
炭鉱が非常に栄えた田川は旅芝居が大変な賑わいを見せた場所だったことでしょう。しかし、炭鉱はすべて閉山し、人口は減少し、人々の娯楽から旅芝居もなくなってしまいました。ところが近年になって、炭都劇場そして見聞劇場と大衆演劇場ができました。かつてこの地で旅芝居に親しんだ地元の方が生活しているうちに、つまり芝居文化が残っているうちに、大衆演劇場が復活したのはとても意義深いと思います。

しかも見聞劇場が、敷地も建物も大衆演劇場単独用途であることはとても喜ばしい。

kenmon07.jpg
平屋の建物の道路側に見聞劇場n出入口があります。

kenmon10.jpg
入口入って右が受付、左が靴箱。

kenmon13.jpg
見聞劇場場内。

kenmon15.jpg
後方は椅子席
床はフラットなので、後方の席の方は相当見えにくいでしょう。

kenmon17.jpg
前方は座布団席、、、ん?

kenmon20.jpg
座布団が隙間なく埋めつくされているのだけれど、これ、座布団ひとつが一人分のスペースということ?
気になって受付に置いてあった座席予約表を見ましたがやはりそういうことらしい。

お客さんがたくさんはいったときには、本当にこの座布団にお客さんを詰めて座らせるのでしょうか。
ちょっと信じがたいですね。

kenmon23.jpg
花道

kenmon25.jpg
劇場は飲食物持ち込み禁止。
そのかわりうどんやそばなどの軽食がとれるところがあります。

この日の公演は劇団勇舞。
勇 羅庵嘩 総座長
中村 時太郎 座長
の親子座長が率いる劇団。

kenmon27.jpg
中村時太郎座長。

kenmon30.jpg
勇羅庵嘩総座長

勇羅庵嘩総座長と中村時太郎座長親子の芝居のセリフまわしはリズムとメロディが心地よい。
日本の大衆演芸ならではの話芸だと思います。

この日のラストショーは、おお、「決闘!高田馬場」だ!

kenmon33.jpg
幕を破って登場する安兵衛。

kenmon35.jpg
〽のり屋の婆さんが差し出した~ 手紙を開く中山安兵衛~♪
ちっちゃなちっちゃなばあさん。

kenmon37.jpg
「南無や八幡大菩薩、この安兵衛が行き着くまでは叔父の身の上守らせ給え!」
高田馬場を目指し、宙飛ぶごとく駆けてゆく安兵衛

kenmon40.jpg
村上一門をやっつけてフィナーレ

見聞劇場の昼の部が終わり、今宵の宿泊地博多へ向かいます。
途中飯塚市の嘉穂劇場に寄って見学しようかとも思いましたが、見学時間に間に合わないかもしれないのでやめました。

夕方博多に到着し、小倉で借りたレンタカーを返しました。

大陥没したという博多駅前の道路の様子を見に行って、
夜は博多天神に繰り出して飲みました。

旅の6日目が終わりました。明日は最終日です。
(つづく)
(2017年1月)

■大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記 もくじ
1日目:映画シアターも大衆演劇場もあるサービス多彩な健康ランド 「くだまつ健康パーク」
2日目:山に囲まれた歴史ある温泉地の巨大娯楽施設付ホテル 「湯本観光ホテル西京 夢遊湯亭」
3日目:大衆演劇の灯を絶やさないために・・・ 小倉にオープンした待望の劇場 「宝劇場」
4日目:福岡と大分の境にある広大な複合施設の中の劇場 「湯の迫温泉 ぶらり劇場」
5日目:神仏習合の里 国東半島旅行記
6日目:かつて炭鉱で栄えた地に復活した旅芝居の文化 「見聞劇場」
7日目:博多の大衆演劇と十日恵比須

神仏習合の里 国東半島旅行記

大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記その⑤
神仏習合の里 国東半島旅行記


旅の5日目。今日は中津を出発して国東(くにさき)半島を旅します。
kunisaki_map.jpg

豊後高田は江戸時代から戦後高度成長期にかけて国東半島の中で最も栄え賑わった街。
時代はかわって往時の賑わいは失せてしまったようですが、活気があった昭和の時代の町の雰囲気を再現した「昭和の町」があるとのことで訪ねることにしました。

kunisaki03.jpg
昭和の町のアーケード。

kunisaki04.jpg
こんな昔風の商店がたくさんあります。商店街の総延長は550mもありました。
昭和の町を模したテーマパークはありますが、現役で営業している商店街全体を昭和にしてしまったという例は他にないのではないか。

kunisaki05.jpg
神仏習合発祥の地(宇佐神宮・国東半島)の看板があります。
宇佐神宮は八幡大菩薩として菩薩号を最初に冠した神社。
今日は神仏習合の郷をめぐります。

kunisaki07.jpg
雨にそぼ濡れるの商店街。

昭和の町を離れ、国東半島中央部の山の方に車を走らせます。

国東半島の宗教文化をわらわす言葉に「六郷満山(ろくごうまんざん)」があります。
国東半島の六つの村に所在する寺院を総称してこう呼びました。
六郷満山の寺々は多くが仁聞菩薩の開基と伝えられていますが、実は仁聞菩薩という菩薩は仏教の経典には存在しません。
宇佐神宮の神仏習合の思想の中から生み出されたらしいミステリアスな菩薩なのです。
宇佐神宮の中にはかつて弥勒寺という大きな寺があり(明治の廃仏毀釈によってなくなった)豊後と豊前に多くの荘園を支配していました。宇佐神宮の神宮寺(神社の境内にある寺のこと)である弥勒寺の影響下にある寺が国東半島にたくさんできました。
また国東半島は、奇岩奇峰が多く古くから山岳修験がさかんだった場所でもあります。修験には仏教伝来前からのアニミズムの影響もあるはずです。
神と仏が自然と融合した独自の仏教による六郷満山文化は奈良から平安にかけて花開きました。

kunisaki10.jpg
長岩屋川にある川中不動。

大分県は磨崖仏が多く、全国の約八割の磨崖仏があるそうです。中でも修験の地であった国東半島に多くの磨崖仏が残されています。
ほとんどの磨崖仏は誰が作ったのかわかっていません。川中不動は水害防止を祈念して作られたと言われています。

kunisaki13.jpg
川中不動のすぐ近くにある、天念寺(左)と身濯神社(右)。
同じ棟でつながっていて、まさに神仏習合の姿がありました。
天念寺は718年の開基。後ろには天念寺岩屋と呼ばれる岩峰郡がそびえ立ち、修験と祈願の寺院として栄えたそうですが、今では無住の寺となっています。

kunisaki15.jpg
川中不動の近くに小屋がありました。おじいさんがひとりでお土産屋を営んでいるようです。
妻ははちみつを購入。私は壁に鬼の面がかかっていることに気づき、これは何かと聞いてみると、天念寺でお行われる「衆正鬼会」という宗教行事で使用する鬼の面を模して、ある和尚さんが家庭用の魔除けのお面を作っていたとのこと。その和尚さんは亡くなってもう魔除けの面を作る人はいなくなってしまったそう。とても味わい深いお面だったので私は1つ求めました。

kunisaki16.jpg
お面は帰宅した後、玄関に付けました。

続いて、六郷満山の総寺院、両子寺(ふたごじ)を訪ねました。

kunisaki17.jpg
両子寺境内、奥の院に向かう階段。
鳥居が大きく、しかしとても自然に建っています。

kunisaki20.jpg
両子寺奥の院

次に訪ねた富貴寺の近くの食堂で昼食をとりました。

kunisaki23.jpg
だんご汁定食。
だんご汁は大分県の郷土料理でだんごを手延べした平べったい麺を味噌ベースの汁に入れたものです。

国東半島には、現存する九州最古の建造物があり国宝に指定されています。
それが富貴寺にある阿弥陀堂です。
富貴寺は六郷満山のなかでは末寺にあたります。寺は718年開基と伝えられていますが、阿弥陀堂の建立は浄土思想阿弥陀信仰全盛期の平安後期ではないかと推定されています。

kunisaki25.jpg
富貴寺の大堂(阿弥陀堂)。
「百寺巡礼」で五木寛之先生がとても興味深いことを取材しています。
富貴寺の境内には白山神社という神社があります。この神社やこの地域にあるお稲荷さんや金比羅さんなどが祀られている祠は富貴寺の管轄下にあって、神社のお祭りでは僧侶の袈裟を身につけた富貴寺の住職がお経をあげているそうです。
明治の神仏分離令の後もこのような文化が残ったのは神仏習合が深く根付いていた国東半島ならではのことでしょう。

この後、真木大堂へ車で移動、藤原時代作の9体の仏像を拝観。

真木大堂の次は日本一の雄大さを誇るという磨崖仏を見るためにさらに車で移動します。

kunisaki27.jpg
国指定史跡熊野磨崖仏へは駐車場からこのような石段を登って向かいます。

kunisaki30.jpg
熊野磨崖仏。
高さ約8mの不動明王像。
この写真には写っていませんが隣に高さ6.8mの大日如来像もあります。
いつ頃できたかのかは不明。鎌倉初期の文書にはそれらしき記述があるようで平安後期と推定されています。

熊野磨崖仏から少し進めば杵築市。
杵築といえば、大衆演劇場きつき衆楽観。
この日は恋瀬川翔炎座長が公演していたので夜の部に行こうと思いました。が、調べてみるとなんと劇場がある杵築の中心街に宿泊施設がみつからない。夜の部を見てから他の町に移動して宿泊することも考えましたが、ちょっとハードなスケジュールになってしまうので、大衆演劇はあきらめ、磨崖仏の近く杵築市にある宿に泊まりました。

kitsuki_chiarshi201701.jpg
宿の近くにあった、観光案内所兼近所の集会所のようなところにきつき衆楽観のチラシがありました。

大衆演劇を観なかった分、夜はゆっくりできます。
温泉につかって旅の疲れを癒しました。
旅は終盤にさしかかりました。

(つづく)
(2017年1月)

■大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記 もくじ
1日目:映画シアターも大衆演劇場もあるサービス多彩な健康ランド 「くだまつ健康パーク」
2日目:山に囲まれた歴史ある温泉地の巨大娯楽施設付ホテル 「湯本観光ホテル西京 夢遊湯亭」
3日目:大衆演劇の灯を絶やさないために・・・ 小倉にオープンした待望の劇場 「宝劇場」
4日目:福岡と大分の境にある広大な複合施設の中の劇場 「湯の迫温泉 ぶらり劇場」
5日目:神仏習合の里 国東半島旅行記
6日目:かつて炭鉱で栄えた地に復活した旅芝居の文化 「見聞劇場」
7日目:博多の大衆演劇と十日恵比須

福岡と大分の境にある広大な複合施設の中の劇場 「湯の迫温泉 ぶらり劇場」

大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記その④
福岡と大分の境にある広大な複合施設の中の劇場 「湯の迫温泉 ぶらり劇場」


旅の4日目、小倉駅前のレンタカー屋を朝一番に出発して大分県方面へ車で南下しました。

koge_map.jpg

菊池寛に「恩讐の彼方に」という短編小説があります。こんなあらすじです。

市九郎という男は心ならずも主人を殺めてしまう。そのまま悪の道に入ってしまい追剥や殺人を平気にするようになる。
ある若い男女を殺めた後、その悔恨の念から改心し、得度して了海という僧になった。仏道に帰依し衆生済度のために身命を捨てて人々を救うべく諸国を巡り歩いた。
羅漢寺に詣でる途中、非業の死を遂げた若者を見た。そこは山国川に聳える絶壁の中腹にかかっている危なげな桟道であった。この難所で年に何人もが命を落としているという。
この断崖を観た了海の心に大誓願が起こった。了海はこの大絶壁を掘り貫こうとひとり槌と鑿を手にした。
この途方もない企てにはじめは了海を狂人扱いした村人も長い年月を経ると了海を聖人のように思い作業に協力するようになった。21年目、ついに洞窟は貫通した。市九郎が殺した主人の息子も長い年月をかけてようやく仇である了海をみつけたが、この大事業を目にして恨みの念は消え、了海の手をとり二人して感激の涙を流した。

これは実話をタネとした創作です。
諸国巡礼の旅をしていた禅海和尚は、山国川に聳え立つ競秀峰にかかる鎖渡しの難所を見て、岩を削って道をつくることを決意し、30年の年月をかけて鑿と槌だけで洞窟を彫りぬきました。これを「青の洞門」といいます。

私が運転する車は福岡県を抜け大分県へ。まず青の洞門を訪ねます。

nakatsu03.jpg
明治39年から40年にかけて陸軍の車両が通行できるように道路は拡張され、青の洞門の原型はほぼなくなってしまいました。
一部当時のままの通路が残っており、禅海和尚の姿に思いを馳せることができます。

nakatsu05.jpg
川越しに見た青の洞門がある絶壁。青の洞門掘削時にできた明り取りの穴が見えます。

青の洞門を抜けて羅漢寺へ。
羅漢寺は1300年前に開かれた古刹。

nakatsu07.jpg
羅漢寺の本堂は山の高いところにあります。
もちろん歩いてゆけますが、リフトで上ってゆくこともできます。
リフト乗り場近くの「禅海堂」に、禅海和尚が使用した道具などの遺品が展示してあります。

nakatsu10.jpg
羅漢寺は山の上の巨岩とあいまみえるように建っている、いかにも霊地といった感じの古刹です。
「百寺巡礼」で五木寛之が最期に訪れたのがここでした。
無漏窟という洞窟にある五百羅漢像の他、多くの石仏が羅漢寺に安置されています。

羅漢寺があるのは大分県の中津市。
中津といえば福澤諭吉の故郷です。
中津駅近くの福澤諭吉生家へ向かいました。

nakatsu13.jpg
福澤諭吉旧居。
同じ敷地にある福澤記念館もじっくり見学しました。

ここ数年、東京の街中にからあげ屋さんが増えました。
どうやらそれは中津のからあげ屋が東京に進出したことがきっかけのようですね。
中津市内にはからあげ専門店や持ち帰り専門店など、からあげ屋さんがとてもたくさんあります。最近は「からあげの聖地」なんて呼ばれているようですね。なぜこんなに中津でからあげが盛んになったのかはっきりした理由はわからないようです。

nakatsu15.jpg
車を運転するとあちこちにからあげ屋さんの看板を見つけます。

nakatsu17.jpg
できたてのからあげをたくさん食べました。旨い!安い!

この後は、大分県中津市のおとなり、福岡県築上郡上毛町(こうげまち)にある大衆演劇場を目指します。

koge03.jpg
かなり広い敷地に駐車場といくつかの建物がある複合施設。
この複合施設の正式名称がはっきりしていないところが謎です。
・こうげ武楽里(ぶらり)
・太平楽
という二つの表記が並存していています。どうなっているのか?

この複合施設の中に「湯の迫温泉」という温泉施設があり、
そのなかに「ぶらり劇場」という大衆演劇場があるのです。
かつてはこの温泉施設の名前が「太平楽」でそれが「湯の迫温泉」に変わったものと思われます。


koge05.jpg
ぶらり劇場の送迎バスがありました。

koge07.jpg
おみやげ処 とよの国

koge10.jpg
産直処 さわやか市

上毛町は福岡県ですが、昔から文化的には中津に近いようです。からあげの専門店もありました。

koge13.jpg
そしてこれが湯の迫温泉の建物。

koge15.jpg
建物内部。建物外観は異国情緒がただよっていましたが中は和の雰囲気。
湯の迫温泉の入口が見えます。入口で靴を靴箱に入れます。

フロントで支払い。
ここは、「温泉だけ」「観劇だけ」「温泉+観劇」を選択できたり、大衆演劇は昼の部と夜の部で料金が違ったりと、特徴ある大衆演劇場。

koge17.jpg
産直野菜を売っていました

koge20.jpg
酸素カプセル。珍しい。

ふつうのリラックスルームはありません。
けれど200円15分のマッサージが気持ちよかった。使っている人は多かったです。

koge23.jpg
右手に温泉入口、まっすぐ行くとぶらり劇場。
お風呂にはシャンプーとボディーソープが置いてありますが、タオルはありません。タオルは持参するかレンタルするかになります。

koge25.jpg
廊下の装飾は大衆演劇場っぽい雰囲気がでています。

koge27.jpg
ぶらり劇場入口。
開場は開演1時間前。開場前にお客さんが入口に並ぶということもなく、のんびりした雰囲気。

koge28.jpg
一番珍しいのは予約料がかからない(2名以上)ということでしょうか。
これは夫婦で観劇する人にはうれしい。

koge30.jpg
温泉と観劇が別料金のセンターでは、観劇料金を払った人を見分ける仕組みが必要。
ぶらり劇場では入場時にこのようなストラップをもらいます。

koge33.jpg
ぶらり劇場 場内

koge35.jpg
前方

koge37.jpg
後方のテーブル席

koge40.jpg
右サイドにあるちょっと高いテーブル席

koge43.jpg
左サイドの花道。

koge45.jpg
ぶらり劇場のとなりに食事処があります。劇場内でも食事処と同じ食事ができます。

koge47.jpg
となりの食事処でアイスクリームを食べました。美味しかった。

この日の公演は市川市二郎座長の劇団三桝屋。
30年以上を座長を続けている市二郎座長。ほとんど休日がない大衆演劇の世界で30年も座長を続けるのはすごいことだと思います。
市二郎座長には別の旅先で親切にしてもらったことがあります。(その時のブログはこちら

koge50.jpg
市川市二郎座長。
粋でかっこいい舞踊。見応えのある軽さとでもいうのでしょうか、熟練者のみが醸し出せる軽さ。派手な動きも軽い。若い役者は狙う芸・アピールする芸が多いけれども、こういう達人の存在は本当に貴重だと思います。

koge53.jpg
市川市二郎座長と弟の市川謙太郎。

koge55.jpg
ラストショー

夜の部のお客さんは42名でした。劇場入口に入場者数を書いてあるのです。
入場者数だけでなく大入り人数基準も明記されていました。これらを公表するのも珍しい。
細かいところで「珍しい」がいろいろ見つかる大衆演劇場でした。

夜の部が終わり湯の迫温泉の外に出ると雨。
すぐ車に乗って中津のホテルに移動しました。

(つづく)
(2017年1月)

■大衆演劇場と寺社仏閣をめぐる旅<山口・福岡・大分編> 旅日記 もくじ
1日目:映画シアターも大衆演劇場もあるサービス多彩な健康ランド 「くだまつ健康パーク」
2日目:山に囲まれた歴史ある温泉地の巨大娯楽施設付ホテル 「湯本観光ホテル西京 夢遊湯亭」
3日目:大衆演劇の灯を絶やさないために・・・ 小倉にオープンした待望の劇場 「宝劇場」
4日目:福岡と大分の境にある広大な複合施設の中の劇場 「湯の迫温泉 ぶらり劇場」
5日目:神仏習合の里 国東半島旅行記
6日目:かつて炭鉱で栄えた地に復活した旅芝居の文化 「見聞劇場」
7日目:博多の大衆演劇と十日恵比須
プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR