WIKIレンタル 大衆演劇探訪記

駅の近くのビルにできた快適シートの劇場 「羅い舞座 堺駅前店」

駅の近くのビルにできた快適シートの劇場 「羅い舞座 堺駅前店」

数年前まで、大阪府は南の方(大阪市より南という意味で)には大衆演劇場がないという印象を抱いていましたが、2011年に堺市に羅い舞座堺東店が誕生し、最近になって次々と南部に大衆演劇場がオープンしました。

2017年4月、堺に2つめの大衆演劇場が生まれました。羅い舞座堺駅前店です。
上述のとおり、先行して堺東駅近くにも羅い舞座がオープンしていました。
同じ土地に羅い舞座が2つ作ったのかと初めは思いましたが、調べてみると、堺東駅と堺駅というのは同じ堺市の主要駅でありながら2kmくらい距離が離れており、また南海高野線、南海本線と路線も異なり、さほど競合する関係ではなさそうです。
そして今回訪ねてみたわかったのですが、駅界隈の雰囲気がだいぶ違う。
堺東駅のまわりはデパートや商店街があり買い物客で賑やかで、堺駅のまわりは港が近く落ち着いた雰囲気で何かしら歴史を感じます。

今回の探訪は前回はあまり見出すことができなかった堺の魅力を知る旅にもなりました。


南海本線堺駅を下車。羅い舞座へは南口を利用するのが便利です。

堺駅南口・・・人の気配が薄い。正直、堺東駅前のような活気が感じられません。

sakaieki03.jpg
駅から5分くらいでしょうか、羅い舞座が入っているビルがありました。

sakaieki05.jpg
ここが入口。隣はパチンコ屋さん。

sakaieki07.jpg
羅い舞座は3階にあります。

sakaieki10.jpg
エレベーターで3階へ。

sakaieki13.jpg
エレベーターを降りるとすぐ入口が見えます。

sakaieki15.jpg
受付を済ませて劇場内へ。扉を入ってすぐ左に少し階段があります。

sakaieki17.jpg
劇場内後方より。
舞台の高さは低いですが、客席にはちゃんと傾斜がついています。入口の階段はこの傾斜ゆえのこと。

sakaieki18.jpg
座席表。
100強の席数があります。

sakaieki20.jpg
前方の座椅子席。
1列目と2列目の間隔が狭く、2列目の方は窮屈そう。もっと間隔を広げればいいのにな。

sakaieki23.jpg
ドリンクホルダー付きのソファ席。最高です。これぞ羅い舞座クオリティ。

sakaieki25.jpg
右側面。
椅子席とお手洗い。

sakaieki27.jpg
もちろん花道もあります。

sakaieki30.jpg
公演中の様子
この日は前の席にお客さんがいなかったので舞台の見通しがよかったけれど、もしいたらその方の頭が視界に入って気になっただろうな。はやり舞台面を高くできないのは痛い。

駅から近く座席も快適なこの劇場、大阪にあってこの条件であれば、集客に心配なし、と思いたいところですが、どうもそう一筋縄ではいかないのではないかと私は感じ取りました。あくまで感覚ですが。私にとって今後に注目したくなる劇場です。


さて堺の見所についても触れたいと思います。
3つキーワードを挙げましょう。
・古墳群
・与謝野晶子
・千利休

古墳については、あの有名な日本最大の前方後円墳、仁徳天皇陵が堺にあります。その周辺にも古墳がたくさんあります。
今回は時間に余裕がなく古墳めぐりはできませんでした。

与謝野晶子は明治11年(1878年)の菓子商の三女として生まれ22歳までこの町まちで過ごしました。
sakaieki33.jpg
与謝野晶子生家跡の碑

千利休は室町時代の堺に生まれました。
sakaieki35.jpg
千利休屋敷跡
千利休は魚問屋に生まれ、17歳の時に茶の湯の世界に入りました。その後「わび茶」のスタイルを大成しました。
千利休が茶の湯の師匠として信長に重用されたのは50歳を過ぎてのこと。信長以上に茶の湯に熱心だった秀吉にも重用されました。このとき天皇より「利休」の号をもらいました。
しかし秀吉の怒りを買うことになり切腹を命じられて69歳で亡くなりました。
屋敷跡にボランティアの説明係の方がいらっしゃったので、秀吉が利休に切腹を命じるきっかけとなったのは何か訪ねましたが、諸説あってはっきりしたことはわからないとの回答でした。

sakaieki37.jpg
2015年3月に「さかい利晶の杜」がオープンしました。
羅い舞座堺駅前店からそう遠くないところにあります。
千利休と与謝野晶子を知ることができるミュージアムです。
茶の湯体験コーナーもあり、私はそれに参加してお菓子とお茶をいただきました。
お茶を飲むときにお茶碗を回すのは、茶碗の正面から口をつけるのは身分の高い人であり、一般人は遠慮して最初の位置から見て右側から飲む(飲み終わったらまた回してもとの角度に戻す)からというような説明でした(違っていたらすみません)。また、最期は音をたてていいからお茶をすすりきって、お茶碗をひっくり返して茶碗の造形を鑑賞するのだそうです。

さかい利晶の杜で利休の「わび」について動画で説明していました。
普通は「加えることで表現する」けれども利休は「引くことで表現した」のだと。
これ以上引くことができないというシンプルさと緊張の中に美を見出しているのだと私は解釈しました。
これを見て私は昨今の大衆演劇の舞踊ショーに思いをめぐらせてしまいました。
昨今の舞踊ショーの演出は「足し算思考」が強いのではないか。
派手すぎる照明、ごちゃごちゃした柄の後ろの幕、オーバーアクション、これらはどれもお客さんを楽しませようというサービス精神のあらわれといえるかもしれません。確かにそのような舞台からのアピールは直接的にお客さんを刺激すると思います。でも逆に、緊張感を伴う美しさ、その美しさからくる感動といったものとは相反する要素のようにも思えます。舞台からの圧を受けるのではなく、吸い込まれるように舞台を見入ってしまう。お客さんをそのような状態にできることが、本当の役者の実力ではないでしょうか。
大衆演劇に新たな客層を呼ぶために舞踊ショーに力を入れている劇団も多いと思います。それはそれでいいですが、ショーにおける足し算思考演出はほどほどにして、引き算思考の舞踊もバランスよく入れてほしいと思います。


千利休が生まれたまちでもあり自由な商業のまちであった堺には伝統的な和菓子屋さんがたくさんあります。

sakaieki40.jpg
さかい利晶の杜の近くにある本家小嶋

ここで芥子餅とニッキ餅を買って大衆演劇場で食べてみました。
どちらも感動的においしい!次の日また本家小嶋に行って、お土産用と自分ち用のたくさん芥子餅・ニッキ餅を買いました。

sakaieki43.jpg
左けし餅 右ニッキ餅
旅から帰って家でいただきました。
堺駅に行ったら本家小嶋のお菓子は絶対「買い」です。羅い舞座からは歩いて5分くらいのところにあります。

なお、「小島家」という店でもけし餅を売っていますが、この店は本家小嶋とは別の店。空港や新大阪駅やネットショッピングでも買えるようです。こちらは今回購入しませんでしたがいつか味くらべをしてみたいですね。

(2017年8月探訪)
スポンサーサイト

鈴丸ワールドへようこそ 橘小竜丸劇団鈴組「鈴丸ワールド祭り」 2017.10.24立川けやき座

鈴丸ワールドへようこそ 橘小竜丸劇団鈴組「鈴丸ワールド祭り」 2017.10.24立川けやき座

鈴丸ワールドへようこそ

座長就任2年目の橘鈴丸が、自己の内面世界を投影しすぎているために大衆演劇界では異端的な内容となっている舞踊作品を一挙にお蔵出し。
1日限りの特別興行。
昼夜に分けて全12作品。
めくるめく鈴丸ワールドをご覧ください。


suzu_01_01.jpg

suzu_01_02.jpg

suzu_01_03.jpg

suzu_01_04.jpg


suzu_02_01.jpg

suzu_02_02.jpg

suzu_02_03.jpg

suzu_02_04.jpg

suzu_02_05.jpg


suzu_03_01.jpg

suzu_03_02.jpg

suzu_03_03.jpg

suzu_03_04.jpg


suzu_04_01.jpg

suzu_04_02.jpg

suzu_04_03.jpg

suzu_04_04.jpg


suzu_05_01.jpg

suzu_05_02.jpg

suzu_05_03.jpg

suzu_05_04.jpg


suzu_06_01.jpg

suzu_06_02.jpg

suzu_06_03.jpg

suzu_06_04.jpg


suzu_07_01.jpg

suzu_07_02.jpg

suzu_07_03.jpg

suzu_07_04.jpg

suzu_07_05.jpg



suzu_08_01.jpg

suzu_08_02.jpg

suzu_08_03.jpg

suzu_08_04.jpg
鈴丸ワールド祭りの舞踊の写真のブログ掲載は鈴丸座長にご許可をいただいておりますが、ナース服を脱いだ姿は恥ずかしいから載せないで・・・とのことでした。


suzu_09_01.jpg

suzu_09_02.jpg

suzu_09_03.jpg

suzu_09_04.jpg


suzu_10_01.jpg

suzu_10_02.jpg

suzu_10_03.jpg

suzu_10_04.jpg

XI
suzu_11_01.jpg

suzu_11_02.jpg

suzu_11_03.jpg

suzu_11_04.jpg

XII
suzu_12_01.jpg

suzu_12_02.jpg

suzu_12_03.jpg

suzu_12_04.jpg


橘小竜丸劇団鈴組「鈴丸ワールド祭り」
2017年10月24日 立川けやき座
Ⅰ~Ⅵ 昼の部
Ⅶ~XII 夜の部

鬼怒川温泉の激安ツアー附属の旅芝居 「しばい処 花菊」

鬼怒川温泉の激安ツアー附属の旅芝居 「しばい処 花菊」

温泉ホテル、1泊2食のバイキング+飲み放題、首都圏からバス送迎、以上全部込みで1人7,000円以下。
おおるりグループのプランの安さには驚きます。
しかも鬼怒川温泉エリアと塩原エリアでは無料で大衆演劇を楽しむことができます。

今回の探訪先は、その鬼怒川温泉の大衆演劇場「しばい処 花菊」です。
この大衆演劇場は以前は「湯けむり会館」という名称でしたが、2015年7月に今の名前になりました。
以来、花舞小菊座長率いるみやま劇団小菊(元みやま劇団青葉)が運営を任されているようです。

首都圏からの宿泊プランに合わせているため、「しばい処花菊」での公演は午前中になります。

一般的な宿泊プランのお客さんのスケジュールは
横浜・東京・千葉の各所に朝集合、バス乗車→11:30頃鬼怒川温泉着→ホテル宿泊→翌朝9:30までにチェックアウト→バスで「しばい処花菊」へ移動→大衆演劇公演(第一部芝居10:00~11:00、第二部舞踊ショー11:15~12:00)→バスで帰る
このような感じでしょうか。

「しばい処花菊」はおおるりグループのホテル宿泊のお客さんに無料で大衆演劇公演を楽しんでもらう施設ですが、通常の大衆演劇場として一般客が入場料金を支払って観劇することもできます。
今回私は一般客として訪ねました。

hanagiku03.jpg
鬼怒川温泉はとても大きな温泉郷です。
江戸時代にこの地で発見された温泉は、かつては日光詣の僧侶や大名しか入ることができなかったそうですが明治以降に一般開放されました。その頃は違う温泉名でしたが、昭和2年に一帯の温泉の名称を「鬼怒川温泉」と改め、近くに「鬼怒川温泉駅」もできました。戦後の高度成長期には鬼怒川沿いに大型の旅館やホテルが立ち並ぶようになり一大温泉街となりましたが、やはりあのバブル崩壊で大打撃を受けたようです。
今回の旅で鬼怒川沿いを散策しましたが、廃墟となっている大型ホテルをいくつもみかけました。

hanagiku05.jpg
鬼怒川温泉郷南部の楯岩展望台から、温泉街を眺めました。
中央に鬼怒川が流れています。鬼怒川温泉駅は写真の右の方です。

hanagiku07.jpg
上の写真を拡大しました。
ホテルニューおおるりの奥にしばい処花菊が見えます。

hanagiku10.jpg
私は車でしばい処花菊を訪ねました。
鬼怒川有料道路を降りて一般道に合流したすぐ右手にしばい処花菊の入口があります。
有料道路から来た場合は降りてすぐ右折は危ないのでいったん通り過ぎてUターンして戻ってきた方がよいかもしれません。

hanagiku13.jpg
先ほどの入口を入ったところ。この坂を降りた奥に芝居小屋の建物が見えます。

hanagiku15.jpg
しばい処花菊の建物

hanagiku17.jpg
駐車場からはホテルニューおおるりが見えます。

hanagiku20.jpg
入口

hanagiku21.jpg
しばい処花菊のポスター

入場料1400円
10:00~12:00 芝居・舞踊ショー
12:00~14:00 お客様の歌と踊りのコーナー
14:00~16:00 芝居・舞踊ショー(予約制)

12:00以降は予約がある場合のみ実施している模様。

9:30~10:00の間に、ホテルからお客さんを運んできたバスが続々と到着し、お客さんは劇場に入ってゆきました。

私は入口入ってすぐの受付で一般客であることを申し出て観劇料金を支払いました。
定価の1400を支払った後、何故かサービスとして100円返金してくれました。
入口で靴を脱ぎます。靴は入口で受け取るビニール袋に入れて各自で管理です。

hanagiku23.jpg
場内後方より

hanagiku25.jpg
前方は低いテーブル

hanagiku27.jpg
後方は椅子
私が訪ねた日は、何十人かいたお客さんは皆椅子席に座り、前方がガラーンとしていました。

hanagiku30.jpg
そば、うどん、ラーメン、ピラフ、枝豆、ビール、日本酒、チューハイ、アイスクリーム、コーヒー・・・
場内で軽食や飲物も販売しています。
自動販売機で食券を買います。

hanagiku33.jpg
ここでは舞台をお客さんに開放することもあるようで、
お客さんのための着替えスペースが設けられています。

hanagiku35.jpg
こんな貼紙も

hanagiku36.jpg
過去の演劇グラフのみやま劇団青葉のインタビュー記事(おそらく校正中のゲラ段階もの)が貼ってありました。
校正時に見つかったのだろうミスが手書きで直されていました。
完成版の記事を掲示すればいいのに・・・。
でも、男性役者は恐さも小技もどちらも大事ですよね。

hanagiku37.jpg
第1部のお芝居が終わると、劇団の長老的立場であろう役者さんから口上挨拶がありました。挨拶というより、「日本人のこころ」についてのお話でした。

思いやりとやさしさこそが日本人のこころ。
それがなくなってしまったから日本から笑いがなくなってしまった。
笑いや絆を大切にしてゆきましょう。
といったお話でした。

この話の流れで物販の案内がありました。
「おもいやり 絆」と書いた巾着に清酒がはいってます。これを「おひねり代わりの1000円」として販売していました。
売り上げは東日本大震災復興のために寄付されるとのこと。

hanagiku40.jpg
舞踊ショー
この役者さん(リョウさん:正確な名前がわかりませんでした)が芝居も舞踊も大変上手でした。

hanagiku43.jpg
花舞小菊座長
座長の口上挨拶はショーの途中でありました。

みやま劇団小菊はほぼこの小屋で公演しているようですね。
観劇がメイン目的でないお客さんが多く、毎日同じ場所で公演、となればマンネリズムに陥るのは仕方ないことでしょう。
何回も繰り返ししすぎてアドリブ感を喪失したアドリブ的演技が寒い場面がありました。
こういう状況では、今日来たお客さんにまた来てもらえるように精一杯楽しい舞台をつくりあげよう、というモチベーションを保つのは大変なのだろうなと思いました。なるべく他の場所にも巡業した方がよいと思います。

hanagiku45.jpg
12時頃公演が終わりました。
劇団のお見送りがほぼなかったのが残念でした。

お客さんはそれぞれ自分の目的地へ向かうバスに乗り込み帰路につきます。
私はこの後、鬼怒川温泉郷を観光しました。

最近読んだ山根演芸社の山根社長のインタビューで、変化していくことに旅芝居の本質がある、というようなコメントがありました。私もその通りだと思います。そして、変化させようという意識は、もっとよいものをという向上心から生まれてくるものだと思います。
しばい処花菊での公演では、劇団はチャレンジ精神をもってもっとお客さんを楽しませようと変化していってほしいなと思います。

(2017年9月探訪)

居酒屋の2階にできた大衆演劇場 「がんこ座」

居酒屋の2階にできた大衆演劇場 「がんこ座」

2017年1月、大阪泉佐野市に新しい大衆演劇場「がんこ座」が生まれました。

大阪の大衆演劇場は下町にあるイメージがありあすが、がんこ座の最寄り駅は「りんくうタウン」といういかにも近代的な名前の駅です。
海上に浮かぶ関西国際空港への玄関口のような駅です。

ganko03.jpg
りんくうラウンの駅

ganko07.jpg
駅から数分歩くと「りんくうプレミアムアウトレット」があります。全国のアウトレットの中でもここは規模が大きいと思います。

ganko05.jpg
アウトレットの近くから見た駅方面

がんこ座はりんくうタウン駅と泉佐野駅の間くらいの、近代都市の雰囲気から離れた場所にあります。

りんくうタウン駅から歩いてがんこ座を目指しました。

ganko10.jpg
途中で振り返ると、駅近くの未来的建物が見えました。

ganko13.jpg
到着しました。

ganko15.jpg
正面

ganko17.jpg
入口
看板に、「1F旬彩がんこ屋 2Fがんこ座」と書いてります。
そう、ここは居酒屋と大衆演劇場が合体した施設なのです。

ganko20.jpg
1階に受付があります。ここで木戸銭を支払います。

ganko23.jpg
1階居酒屋スペース

ganko25.jpg
がんこ座は2階へ

ganko27.jpg
2階劇場入口
意匠が凝っていていいですね。

ganko30.jpg
がんこ座場内
何かオーナーさんの大衆演劇を愛する心が伝わってくるような造形で好感を持ちました。

ganko33.jpg
がんこ座後方

ganko35.jpg
前方
花道もあります

ganko37.jpg
入場料に飲み物付きとのことだったので、席を確保した後、1階でコーヒーをいただきました。

ganko40.jpg
公演中の様子

ganko43.jpg
公演中の様子その2

この日の公演は姫猿之助座長率いる劇団あやめ。

実は私は劇団あやめを見るのはこの日が初めてでした。
ずっと気になっていたのですが、なかなか見る機会が訪れませんでした。

もちろん姫猿之助座長を観るのは独立してからは初めてです。
芝居も舞踊も、おもしろくてかっこよくてファンになりました。
見るものをひきつける存在感がありますね。また、芝居のアドリブがとても面白い。

以下猿之助座長の写真をお届けします。

ganko45.jpg

ganko47.jpg

ganko50.jpg

ganko53.jpg

もう一人とても気になった役者さんがいました。

ganko55.jpg
山戸一樹さん

自然体ながら芸魂を感じる方です。
芸人であることに誇りを持ちまた楽しんでいることが伝わってきます。こちらも見ていて楽しくなります。
あやめの本メンバーではなくゲスト出演なのでしょうか。

ganko57.jpg
口上挨拶の様子

私は大衆演劇の夜の部を観た後は、劇場の近くで飲むことが多い。
この日は夜の部終了後、すぐにがんこ座を後にしてしまいましたが、今度きたときは観劇&居酒屋のセットので楽しんでみたいと思います。
居酒屋のがんこ屋をネットで調べると、食事をしながら観劇できる、と書いてあります。実際この日はお二人だけテーブル付きの席に座っていらっしゃいました。予約しておくとテーブル付きの席にセッティングしてくれるのかもしれません。これも次回確認したいと思います。

(2017年8月探訪)

琵琶湖を臨む巨大スパリゾート 「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」

琵琶湖を臨む巨大スパリゾート 「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」

2014年、琵琶湖の近くのニューびわこ健康サマーランドに琵琶湖座という大衆演劇場ができました。
そして2016年1月、琵琶湖の近くにまた新たな大衆演劇場が生まれました。

オープン間もない2016年2月に「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」を訪ねました。

ogoto03.jpg
JRのおごと温泉駅から送迎バスがでています。
この写真は駅のホームから駅前ロータリーを見下ろしたところ。

ogoto05.jpg
スパリゾート雄琴あがりゃんせの送迎バス

ogoto07.jpg
約5分であがりゃんせに着きました。

ogoto10.jpg
あがりゃんせ外観
ちょっと逆光です

ogoto13.jpg
夕方の外観

ogoto15.jpg
大衆演劇場は「あがりゃんせ劇場」と呼ぶようです

あがりゃんせは朝10時から営業。
到着したときはちょうど10時前で大勢のお客さんが建物前に集まっていました。

開館後も受付カウンター前には大行列。
受付の列に並んでいると隣のおばちゃんに声をかけられました。
クーポンを持っているかと聞かれて、ないと答えると・・・

ogoto17.jpg
なんと入館半額券と観劇券をくれました。
オープニングキャンペーンで配布されていたチケットなのでしょう。おばちゃんありがとう!
関西の大衆演劇場の入口前でおばちゃんに声をかけられて割引券などをいただいたことはこれまでにも何度もありました。

ogoto20.jpg
受付を済ませ、大衆演劇座席券を受け取りました。

ここは通常の入館料にあがりゃんせ劇場の観劇は含まれていません。
劇場での観劇には別途料金がかかります。
逆に、観劇のみ利用の入場料金があるようです。

ogoto23.jpg
開演時間まで食事処で昼食をとりました。

ogoto25.jpg
あがりゃんせ劇場入口

ogoto27.jpg
劇場内
真ん中の柱が気になる・・・

ogoto30.jpg
前方

ogoto33.jpg
サイド

ogoto35.jpg
後方

ogoto37.jpg
劇場では軽食&お酒をいただくことができます

ogoto39.jpg
公演中
口上挨拶の様子

ogoto40.jpg
舞踊ショー

このフロアの天井が低く、舞台面の低いのであまり見やすくはありません。
ただしセンターならではのアットホーム感はあります。

ここに来て、スパリゾート雄琴あがりゃんせの運営会社を知りびっくりしました。
あの中華そばの天下一品グループが経営しているとのこと。

ずいぶん昔、私が大学生だった頃、大阪に旅行に行き、帰省中だった友人に連れられて入ったのが道頓堀にあった天下一品でした。当時天下一品はまだ東京には進出していませんでした。私はこのラーメンをとても気に入り、数年後わざわざ京都の北白川総本店まで天下一品の中華そばを食べに行きました。今でもたまに東京の天下一品で中華そばをいただきます。
あがりゃんせの中にも天下一品があるのかな?と思いましたがないようでした。

ogoto50.jpg
入口付近に飾ってあった中華そばのどんぶり。

このどんぶりを見ていると、近くであるご老人が入ってくるお客さんに挨拶をしていました。
しばらく後、館内のポスターの写真を見て、先ほどの方は天下一品グループの代表、屋台のラーメン屋から一大クループを築き上げた木村勉さんであることがわかりました。まだオープン間もないので自分の目でいろいろ確認しているのでしょう。

帰りも送迎バスを利用して駅に行きました。

滋賀・京都界隈には大衆演劇場が少ないです。
あがりゃんせが京滋地区の大衆演劇文化の大きな灯となってほしいです。

プロフィール

notarico

Author:notarico
東京在住。大衆芸能(大衆演劇、落語、浪曲、講談等)が好きです。特に大衆演劇の世界に興味をもっています。
twitterアカウント:notarico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR